新車に近い中古クレーンも安く手に入る|中古の魅力について知ろう

男の人

中古車の見極めポイント

バス

どの点を重視するのか

中古バスを購入する場合、まず着目していきたいのがその年式と走行距離についてです。年式は新しければ新しいほど状態が良いものが多くなりますし、その分メンテナンスもしやすくなります。中古バスの場合、一般的な自家用車よりも頻繁に点検作業を行なう必要があるため、出来るだけこうした車両状況にも精通していく必要があるのです。さらに走行距離に関しても、あまりに過度に走りすぎている中古バスであればその分部品にも疲労が見られ交換や修理の頻度が多くなります。逆に走行距離が少ないものであれば部品への疲労も少ないためある程度安心して購入することが出来るのです。ただ、ここで注意しておきたいのがこの年式と、走行距離、二つのバランスについてです。

バランスの見極め

年式がどれだけ新しくても走行距離があまりにも大きければ修理や部品交換のリスクが高まります。走行距離が小さくても年式が古い中古バスでも同様に、購入後のメンテナンスリスクが高まるため注意が必要になってくるのです。要はこの走行距離と年式、両方のバランスがより取れている中古バスを選ぶこと、これが重要になってきます。予算によってもその選択は変わってくることになりますが、価格が安いからといって安易に中古バス購入を決めるのは時に危険なこともあります。その後のメンテナンス、維持費のことも十分に考慮して走行距離と年式、車両状態の見極めを行なっていくと良いでしょう。例え素人であってもこのポイントさえ押さえておけば大きな失敗を避けることが出来ます。